Site Loader
online store


大変お待たせ致しました!ご要望のLargeサイズの焚火台が完成。 製作時間にかなりの時間がかかってしまいましたが、なんとか焚火の季節に間に合いました。FIRE STAND ~灯篭~をリサイズしたLargeが完成です。

思ったよりも大きいとの声もありましたが、豪快な焚き火をソロでするのもありだと思っておりますので、是非とも手に取って頂きたい製品です。

■灯篭という名前とデザインに込めた意味■

灯篭のデザインは御綾星、そして長崎の灯篭流しをコンセプトとして開発致しました。

北の開拓地として明治時代から発展してきた北海道。市内の観光名所である「時計台」「赤レンガ」などに赤い星マークがシンボルとしてついております。この星は「御綾星」で北極星をモチーフとした開拓のシンボルです。

札幌から発信するアウトドアブランドを開拓するという意味を込めて、星の頂点を全て結んだ五角形をこの灯篭のデザインに込めました。

そして私自身九州地方での生活が長く、その時に色々と旅行をした中で長崎という土地が本当に好きで何度も訪れました。景色や人柄が本当に良く今でも忘れられない場所です。その中でも「精霊流し」の景色が印象深く、忘れられない景色として今でも覚えており、その景色の一部を焚火台に取り込みたく「灯篭」という名前と印象を五角形で表現しました。

この焚火台で薪を燃やして火の揺らめきを楽しみ、そして側面の五角形の窓から見える熾火の光を灯篭という焚火台で感じてもらいたいです。

大きさとコンパクトさを兼ね備えた焚火台

従来の灯篭と大きく違うのは当たり前ですが「大きさ」。市販の薪をそのまま投入出来るように間口を45㎝、深さは10㎝兼ね備えています。

FIRE STAND ~灯篭~ と言えばサイドパネルの連結設計。今回のLargeサイズは全て連結済。パーツ構成も出来るだけ少なく、サイドパネル、灰受け、ロストル、連結長ネジ、止めネジの5パーツ。(五徳と五徳用ネジを入れると7パーツ)

灰受けとロストルの間に折りたたんだサイドパネルと五徳が入るような設計になっていますので、厚さ約4.5㎝まで薄くコンパクトに収納可能です。

なによりも複雑そうに見えますが、 説明書を見なくても直感で組み立てられる設計になっております。

【 灯篭ならではの下部→上部にかけて広がるビジュアル 】

FIRE STAND ~灯篭~ は下部から上部にかけて間口が広がるビジュアルがとても綺麗です。大きくする事でもこのスタイルを維持する為、連結部分を試行錯誤。熱による歪みを想定し、軋みが無いようなクリアランスを確保して理想の形を維持する事が出来ました。

【 焚火台を二段重ねするという発想 】 

FIRE STAND ~灯篭~ Largeの最大の特徴は、、、

「灯篭に灯篭を載せる」

という奇抜な発想を盛り込んだ焚火台。

現在発売されているFIRE STAND ~灯篭~をお持ちであれば、Largeサイズの五徳に載せる事で2段重ねという使用方法が可能です。

何のため?と思う方も多いと思います。こうする事には私の中では意味があり、上段の灯篭で「木炭」下段の灯篭では「薪」を使って上段下段で焚き火を楽しむ。炭を上に配置する事で輻射熱が体に近くなり暖かさを感じ、下は薪をいじって炎を楽しむ。このような贅沢な焚き火を味わいたかったんです。この贅沢な焚き火、炭と薪のコントラストを是非とも皆さんに味わって頂きたいです。

焚き火で調理をする際、上段でフライアン(鉄板)などを使いながら炭で調理、下段では薪を弄りながら焚き火を楽しむ。そんな使い方もオススメです。

【 五徳は五徳で終わらない 】

もちろん五徳に灯篭を載せないで大きな焚火台としても楽しめます。 灯篭を載せる五徳は360度回転して高さも調節可能。火にかけて五徳で調理、焚火台から離して調理で使用したフライアンなどを置く事も可能です。

この五徳ですが、従来の灯篭にも載せる事が出来るので、色々な使い方が出来ます。

如何だったでしょうか?正直重さがありますが、それを超えても持っていきたいと思える焚火台に仕上がったと思っております。

焚き火はキャンプを楽しむ一つのエンターテインメント。その焚き火を更に楽しめる

「FIRE STAND ~灯篭~ Large」

をキャンプへ連れ出してください。

【製品仕様】

製品名  FIRE STAND ~灯篭~ Large

販売価格 ¥33.800-(tax in)

2021年2月下旬発売予定(公式オンラインサイト、山梨ELKにて先行発売)

■本体サイズ
・開口最大部分 …約45cm
・投入部分深さ …約10㎝
・収納時サイズ …約43㎝×約42㎝×約4.5㎝
・厚み …本体1.6mm

■五徳サイズ
・最長部分…27㎝
・厚み…3.2mm(曲げ部分含めて最長1.4cm)

■重量 :本体約5.3kg、五徳約450g
■耐荷重:本体20㎏、五徳3kg
■材質 :本体…鉄(結合部分などで一部ステンレス使用)、五徳…鉄
■付属品:側面パネル(連結済)、ロストル、灰受け、長ネジ、ロックネジ、五徳、五徳用ネジ

※注意事項

・灰受けと地面のクリアランスは約8㎝、ロストル含めると約12㎝となります。
 地面の保護の為、焚き火シートなどを敷いて御使用ください。

・ロストルは高温の薪を使用する事で必ず歪みますが、使用上なんら影響は御座いません。

・ロストルを使用しないで焚き火をすると灰受けが大きく歪む原因となりますので御控えください。

・素材が鉄の為、錆びが発生する事がありますので御理解ください。

・本製品を使用中に移動する事は御控えください。

・使用後もしばらくは高温になります。水などをかけて冷ますと大きな歪みの原因になりますので絶対に控えてください。

・テントや室内での御使用は絶対にしないでください。


・高温を使って使用する商品になります。全体的に歪みが発生する可能性がありますが、それを想定した製品仕様になっております。特にロストルは高温の薪や炭を使う事で必ず歪みが発生致します。消耗品として捉えてください。(近日、別売り致します。)完璧な製品を求める方は御購入を御控えください。

【各パーツの紹介】

サイドパネルの結合部分。パネルを折り畳んでコンパクトに出来るようにヒンジ部分を設計しています。

全体を固定する為の要。この長ネジでサイドパネルの固定の役割を果たします。そして長ネジを垂直に立たせる為の仕組みでもあります。

長ネジを灰受けに固定した後、専用の五角形ネジで完全にサイドパネルを固定します。 これで何処のパーツを持っても焚火台が崩れません。

五徳を載せる為の金具はネジですので360度回転しますので、好きな方向に調整可能です。

五徳は専用ネジに二本足で差し込みます。差し込み口の幅を持たせる事でガタツキを最小限に軽減します。

サイドパネルの五角形の穴は通気口となって灯篭の中に空気を送り込み、燃焼効率を高める仕組みになっております。

Post Author: /moose/